Dark to light blue gradient background with white dots medium

発行日

ボットロップ市は2019年6月29日に市政100周年を記念して経済の日を開催しました。

市内中心部では、大勢の人がシーペックス社やその他数多くのボットロップ市の企業に関心を寄せ、展示ブースを訪れました。

ポンプメーカーであるシーペックス社の目的は、若者たちとの交流によって企業への関心と同企業での職業訓練に対する関心を呼び覚ますことでした。職業訓練生のHendrik Bromkamp、Bünyamin Gürses及びRichard Gaidaが日々の仕事について詳しく説明し、その一方では、職業訓練責任者であるAndreas Kuscheが職業訓練の幅広い研修機会について情報提供をしました。展示された SCT ポンプ及び数多くのポンプ部品に限らず、ポンプのバーチャル体験を可能にする同社独自の VR アプリにも特別な関心が向けられ、若い世代に限らず人々を展示ブースに引き付けていました。

「この日はひどく暑かったのですが、大成功で興味深い一日で、皆さん大いに楽しんでいました。この催しによって、若者たちの シーペックスに対する関心を呼び起こすことができました。」シーペックスのベテラン従業員であるUli Spickenbaumは、このように話しています。

経済の日に SEEPEX 社が展示発表
追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。