発行日

ドイツデザイン評議会、自動SEEPEXポンプを表彰

世界トップクラスのSEEPEXが初の自動スクリューポンプを上市していくらも経たないうちに、トロフィーを獲得することになりました。ドイツデザイン評議会(German Design Council)は「SCT AutoAdjust」をドイツ・イノベーション賞で表彰しました。ノルトライン=ヴェストファーレン州発の未来のテクノロジーは、「Excellence in Business to Business - Machines & Engineering」のカテゴリーで2021年度の受賞者となりました。最新ポンプ技術の勝利です。

「すべては設定次第です」と、SEEPEXは昨年、自社の新開発製品を書き換えました。スクリューポンプのスペシャリストとして同社は、デジタル化分野でさらにその実力を証明しました。「ポンプは工業的プロセスのエンジンですが、これまでほとんどデジタル化されることがなかったので、多くの可能性が利用されないままでした」と、SEEPEXのGlobal Product Manager(グローバル製品マネージャー)、ファビアン・ペール博士は語ります。「SCT AutoAdjustは、新しいタイプの油圧式調整ユニットを介して、デジタルモニタリングおよび制御技術によって自動的に監視・調整可能な世界初のスクリューポンプです。これにより摩耗が補正され、常時最適な運転点が調整されるようになります。一般運転データはSEEPEXクラウドに送信され、そこでAIによって解析されます。サービス作業は、計画可能性、プロセス停止および人員と装備の投入の観点において最適化が可能になります。ポンプの輸送能力や耐久性およびエネルギー消費量は改善されます。こうして、SCT AutoAdjustは最小の運用コストで最大のプロセス効率を達成します。」

ドイツ・イノベーション賞は、従来のアプローチと比較して、特にユーザー指向性と付加価値によって差別化する製品やソリューションを業種の別なく表彰します。「未来を創造し、生活を改善するイノベーションはあらゆる業種にあります。そういうものが一目でわかるものもありますが、わからないこともよくあります。それを可視化するのがドイツ・イノベーション賞です。この賞は素晴らしい功績を広く世間に見えるようにし、市場でのポジショニングの成功に貢献します」と、評議会側では謳われています。デザイン評議会は、1953年以来企業の競争力のために尽力しています。評議会主催の国際コンペティションで最高のデザイン、ブランド、イノベーションの功績が表彰されます。「その理由は、デザイン、ブランド、イノベーションの三種の神器の完全な調和こそが、企業をインダストリー4.0とデジタル化の厳しい競争に勝ち抜けるようにするという信念にあります。」

SCT AutoAdjustのドイツ・イノベーション賞