Green house filled with rows of tomatoes

グリーントマト

サブナビゲーション表示

移送物

トマト部分からの植物性廃棄物

主な仕様

2つのプロセス、

1ポンプ

バイオマスが最適に利用される 

コスト削減

投資コストの削減

メンテナンスコストの削減

ポンプタイプ

世界で最も人気のある野菜:毎年、約1億5,000万トンのトマトが栽培されています。 トマトプラントは、巨大なハイテク温室で一年中栽培され、1シーズンで長さが10メートル以上にも達する可能性があります。 しかしながら、温室はそのような効率的な栽培のために多大なエネルギーを必要とします。

背景

生産者は、有機残留物及びトマトの廃棄物からエネルギーを生成できることを知っています。ルピートマト、茎、及び穂軸のような少なくとも15〜20m3のバイオマスが毎日蓄積されるが、それらはバイオガスを生産する前にさらに処理する必要がある。 トマト生産者は、シーペックスに助けを求めました。

タスク

生産者は、バイオマスプロセス全体をカバーするソリューションが必要でした。まず、トマトの廃棄物をバイオガスプラントに供給する。次いで、植物や分離されたトマトは、微生物が発酵のために追加の表面上に蓄積し得るように、断片に切断される。最後に、調製されたバイオマスは、プラントの混合タンクにポンプ移送されます。

解決策

シーペックスは、植物性廃棄物を細分化して移送するために、BTMタイプオープンホッパーポンプを設置しました。一体化された切断ユニットのおかげで、BTMは切断/移送のプロセスを同時に扱うことができます。カッターのデザインは、ソフトトマトと丈夫な植物の部分を最適に切断します。

"これにより投資コストが大幅に削減されました。マセレータとその下流ポンプの代わりに、購入する必要があるのはユニットは1つだけでした。"


ベネフィット

設備が少なくても保守費用が安くなります。これらのコスト削減は、激しい競争を激化させる食品市場における顧客の地位を高めました。

"発酵の副産物は、肥料としての栄養価を有する。これはトマトの次の作物で使用できるので、栽培者にとって有益です。"

Lesley Eaton
SEEPEX UK、事業開発及びマーケティングマネージャー
Close-up of SEEPEX feed auger
Close up of SEEPEX BT pump
SEEPEX feed auger
SEEPEX BT pump
追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。