A solitary offshore drilling platform in a calm ocean.

完全一致

サブナビゲーション表示

移送物

原油

主な仕様

22 m3/h

(97 USGPM),

16 bar

(240 PSI)

カスタムメイドによる
100%の導入適合性

シーペックスオフショアサポート

耐腐食性材料

コスト削減

ライフサイクル

コスト

メンテナンスコストの削減 

ポンプタイプ

風、天候、及び潮汐への長時間のシフトと暴露: オイルリグでの作業は、人と機械の両方から最高のパフォーマンスを必要とします。シーペックスポンプは、最も厳しい海洋条件でもさえも簡単に操作できます。

背景

スコットランドのアバディーンの沿岸都市は、 “ヨーロッパの石油資本”の町として知られています。 1960年代後半にスコットランドの東海岸から最初の英国油田が開設され、2000年初頭には120以上の石油・ガス田が生産されました。アバディーンの北東210kmに位置する大手石油会社のオフショアプラットフォームは、生産中止の失敗により悩まされていました。原因は、LPフレアドレインドラムポンプの設計上の欠陥でした。 そして、シーペックスが救助に来ました。

タスク

1990年代後半には、古いポンプが設置され、オフショア・プラットフォームで稼働しました。ポンプは、最初から故障していて、その後も頻繁に故障していたため、操業者は、その問題を残しながら、事業を中断してしまいました。

シーペックスの専門家は、迅速に原因を特定しました。高速ポンプには、ドライブシャフトの動きを偏心回転するローターに伝えるフレキシブルシャフトを使用しました。高速ポンプは、タンク内の流体液面レベルが低い時に、特に悪影響を及ぼしました。それは、システムNPSH(正味吸込ヘッド)値が低くなり、結果として、キャビテーションに繋がるためです。

"“設計上の欠陥により、大きな不均衡、複数のシール問題、及びフレキシブルシャフトの頻繁な破壊を引き起こしました。しかし、その解決策は明らかでした。それは、私たちのBEOです。“"

Heinz Dieter Flesch
SEEPEX GMBH、石油・ガス産業開発マネージャー

解決策

古いポンプが配置された場所に正確に収まる新しいポンプソリューションを迅速に見つけなければなりませんでした。そこで、シーペックスは、より低いRPMで動作し、適用可能なNPSH要件を満たすカスタムBEOレンジポンプを製作しました。軸径は、従来のポンプの3倍ですので、ポンプは非常に頑丈です。

移送製品をシーペックス研究所で分析して、使用する正しいポンプ材料を決定しました。以前に使用されたAvesta 254SMOではなく、スーパーデュプレックスステンレス鋼を利用することが決定されました。その結果、優れた腐食耐性と装置の寿命にわたって大幅なコスト削減を実現しています。


シーペックスポンプの設置と試運転以来、それらは最小のメンテナンスで確実に稼動しています。

"我々の技術者は、オイルリグのポンプを正しく導入するために、特別に訓練されています。この点が、大きな利点でした。"

Heinz Dieter Flesch
SEEPEX GMBH、石油・ガス産業開発マネージャー
SEEPEX BE pump 90 degree angle
SEEPEX BE pump horizontal on black background
追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。