A petrochemical facility

長距離ソリューション

サブナビゲーション表示

移送物

原油

主な仕様

1つのポンプ

2つのアプリケーション

缶型タイプのデザイン

ATEXゾーン1の認定

コスト削減

100%最適化されたメンテナンスとアプリケーションの安全性

ポンプタイプ

2001年に海岸から遠くなく、アバディーンの北東100kmに位置するバザーダ油田が発見された。その油田は、英国全体の石油生産量の約10%を提供しています。毎日、40万バレルの原油がフォーティス・パイプライン・システムによって、世界的に活発な活動をしている石油・エネルギー会社の精油所に輸送されています。しかし、バザーダの原油にはメルカプタンが含まれています。これはパイプラインと輸送システムにとって大きな課題であり、シーペックスにとっても興味深い課題です。 

背景

メルカプタンは、チオールまたは硫黄炭化水素とも呼ばれる一群の化合物に属する。言い換えれば、それは有毒であり、浸透性の臭いを有する。したがって、特にパイプライン及びバルブのメンテナンス中のオープンオイルの回収は、不可能になります。これにより、最終的にシーペックスが解決すべき要件の一覧が作成されました。

タスク

すべてのメインオイルライン(MOL)のパイプラインは、密閉式のパイプシステムでバザーダ原油を輸送しなければならず、一方で古典的なオイル回収は、オープンシステムのままでなければなりませんでした。2つの機能を満たすために設置されたシステム:6メートル深度のタンクから液体を排出し、液体をMOLから除去するということ。最後に、メンテナンス従業員がリスクフリーで作業できるようにする必要がありました。

解決策

まず、シーペックスの専門家がプロセス条件を分析しました。NPSH(正味吸込ヘッド)値は0.5mで、一時的に発生するガス含有量は15%でした。

"このような場合、試運転を行う際に、運転条件をシミュレートして、プロセス条件を正確に処理できるポンプを見つけます。"

Peter McGarian
SEEPEX UK、マネージングディレクター

油溜まり領域への制限されたアクセスを解決するには、革新的なアプローチが必要でした。この目的のために、液体を移送するために缶型ポンプが選択された。この設計では、シーペックスはポンプユニットをパイプラインに接続されたハウジングに垂直に設置し、ケーソン上に組み立てました。 タンクへの缶型ポンプの入口開口部は、可能な限り低くかつ底部に近接して配置された。ポンプは、NPSHを最適化するために最低点から移動します。利点:円筒形タンクの設計により、垂直ポンプを上方から取り外すことができます。さらに、それは従業員に危険でないエリアにある。ダブル接続により、開いたオイルサンプまたはMOLをバルブの配置に応じて排水できます。

ベネフィット

その結果、メンテナンス、安全、衛生、及び効率の大幅な向上が実現しました。 シーペックスポンプは、以前に遭遇した問題を修正し、石油化学業界で最も困難なプロセスアプリケーションに確実に対応しました。

"1つのポンプ、2つのアプリケーション、及び標準部品で作られた特別な設計。 シーペックスのモジュラーシステムは、非常に柔軟で、あらゆる環境に適応します。"


SEEPEX BE pump
SEEPEX BE pump horizontal
追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。