Two men looking into a distillation tank discussing SEEPEX

50%以上のウイスキー

サブナビゲーション表示

移送物

ウイスキー蒸留かす

主な仕様

生産時間を55分から22分に短縮


コンパクトなデザイン

マッシュタンを空にする
時間を50%カット

蒸留かす50t/h
を80m移送

迅速で簡単な再調整

コスト削減

50%まで生産性向上

処理時間の大幅な削減

より低いエネルギーコスト

ポンプタイプ

アイルランドのウイスキーの世界的な需要は絶えず上昇しており、アイルランドの蒸留所は、アイルランドの高級ウイスキーの最大生産国です。 1780年以来、コーク州郡ミドルトンの蒸留所では、伝統的な方法で、そしてダンガーニー川の水と最高のアイルランドの大麦を使って有名なジェムソンブランドを生産しています。生産工程の目標を最適化することで、品質の変化なく収率が50%向上しました。シーペックスのBTポンプは、この新しいソリューションの重要な部分になります。 

背景

大麦を水と混合すると、澱粉の糖化がマッシュタン(糖化槽)で起こる。次いて、得られた麦汁を酵母を含む発酵槽に入れて低アルコール含有液体に発酵させる。発酵後、蒸留器内で三重蒸留プロセスが行われる。留出物は、ウイスキーと呼ばれる前に、少なくとも3年間オークバレルで熟成される。

タスク

生産工程では、大量の蒸留かすがマッシュタン(糖化槽)から飼料生産システムにポンプ輸送され、そこで高品質の動物飼料に加工されます。圧縮空気を使用して非常にエネルギー集約的なプロセスで蒸留かすを輸送するために、以前は空気式コンベアシステムが使用されていました。蒸留所のウイスキーの需要が高まっていることから、糖化操作の回数は週に30回から45回に増加する必要がありました。しかし、蒸留かすのコンベヤシステムと、平均55分のマッシュタンを空にするのに必要な時間は、最大の問題を引き起こし、ボトルネックが生じました。

私たちの製品には絶大な需要があるため、システムはノンストップで動作します。従って、 停止は受け入れられません。 スマート移送テクノロジーは、大きな助けとなり、簡単なメンテナンスはポンプが迅速にオンラインに戻ることを意味します。
Tommy Keane
ミドルトン蒸留所、ゼネラルマネージャー

解決策

シーペックスは、英国の醸造所及び蒸留所向けに開発されたアプリケーションに基づいて、空気式コンベアシステムを、オープンホッパーを備えた一軸ネジポンプに置き換えることを提案しました。 このポンプは、低~高水分含有量の低~高粘性製品を確実に低圧から高性能に移送することができ、空気式ポンピングシステムで発生する頻繁な閉塞を排除します。

私たちの一軸ネジポンプは、独自に流れないものを含む様々な製品を動かすために使用されます。これらの製品を簡単に移送できることは、当社の技術的な能力を証明しています。
Peter McGarian
SEEPEX UK、マネージングディレクター
Man walking in front of a distiller
Hand holding malt used in the distillery
Two men speaking over two SEEPEX smart conveying technology pumps
Two men walking in front of rows of barrels
Man standing amongst barrels in distillery
The distillery
Jameson whiskey from the distillery

ベネフィット

目標は、25分でマッシュタン(糖化槽)を空にすることでした。 過去12ヶ月間にその槽を空にするために、シーペックスポンプを使用してかかった時間は平均22分で、シーペックスポンプを使用してかかった時間は平均22分で、目標時間でも改善しました。また、週当たり45回のマッシュ操作の当初の目標も達成されました。 高品質、高品質のアイリッシュウイスキーに対する世界的な需要を、何の問題もなく満足させています。

シーペックスで50%の生産性改善を達成しました。すでに良いパートナーでありましたが、今は長期的なパートナーになっています。
Tommy Keane
ミドルトン蒸留所、ゼネラルマネージャー
Close up of a SEEPEX feed auger
Close up of a SEEPEX open hopper BT pump
SEEPEX feed auger
SEEPEX BT pump side view