Liquid Substrates facility

液体基質

サブナビゲーション表示

発酵が開始されると、液体基質及び液化固体基質は、バイオエネルギープラントの周りを移動する重要な物質である。発酵が進むにつれてタンク間で液体を移すことによって、プロセスの効率を維持するために、これらの段階ではポンプの信頼性が重要です。 ポンプは効果的に耐摩耗性を発揮することで重要な役割を果たし、システムの効率を保証しなければなりません。 

我々のソリューション

Nタイプからのシーペックスポンプは、ガラス、プラスチック、または骨などの研磨汚染物を含む可能性がある基質を確実に移送します。革新的なスマート移送テクノロジー(SCT)は、幅広く変化する処理タスクで実証されています。この特許取得済みの技術は、基質や循環液を供給する際に、従来の一軸ネジポンプやロータリーローブポンプに比べてバイオガスプラントでの能力が証明されています。 SCTの利点は、

  • 統合された再締め付け装置により、ロータとステータの寿命が最大200%延長
  • 迅速な閉塞の除去
  • 迅速な組立/分解によりメンテナンスが容易
  • メンテナンス時間の短縮による高い生産性
  • ステータへのアクセスが容易なため、スペースが少なくて済む
  • 軽量コンポーネントによる簡単操作性

結論:SCTは、バイオガスプラントのライフサイクルコストを削減し、より高いレベルの生産性と経済効率を保証します。

追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。