Treatment pool at a wasterwater facility

脱水汚泥混合処理

サブナビゲーション表示

スラッジ処理センターでは、原産の脱水スラッジと受け入れ脱水スラッジの両方を処理できます。このスラッジは、地下サイロと地上サイロの両方に貯蔵することができます。 必要に応じて、さらなる処理のためにスラッジを正しい供給原料に逆混合させることもできます。

我々のソリューション

シーペックスポンプは、最初の乾燥固体含有量にかかわらず、異なる供給源からのスラッジを移送して混合します。ポンプの混合及び供給能力は、スラッジのさらなる処理オプションを提供し、必要な乾燥固体含有量を設定します。   いくつかの用途例は、

  • BTHEタイプポンプは、一時的な保管のために18~35%の乾燥固体含量でスラッジを移送
  • BTE、BTESは、脱水された汚泥を濃縮して汚泥に戻し、後処理のために正しい乾燥固体濃度に変換
  • SCTポンプは、液体スラッジをシーペックスミキサーポンプに移送
  • CO製品グループの制御システムは、活剤注入、ホッパーレベル及び圧力制御及び/または空運転防止熱センサー(TSE)を監視

シーペックス移送ソリューションは、スラッジ混合に特定の利点をもたらします。

  • 乾燥固形分が高いスラッジを移送
  • 一定の流量、長距離ケースにおいても適用
  • 高粘性スラッジの処理
  • 高度なオーガーフィードスクリュー技術
  • オープンホッパーとポンプの用途別適応

シーペックスは、各スラッジ混合要件に適したソリューションを提供しています。

追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。