Wastewater facility using SEEPEX pumps

高性能消化法

サブナビゲーション表示

嫌気性消化は、有機物を分解してバイオガスを生成する実績のあるプロセスです。熱加水分解を用いた高度な消化は、分解を大幅に改善することによって汚泥消化を強化する。 これは、より高いバイオガス生成、より高いレベルの滅菌及び脱水後に生成されるスラッジの量を減少させる。 しかし、熱加水分解プロセスは、スラッジの性質を変化させ、ポンプ及び材料に大きな要求を課す。

我々のソリューション

シーペックスは、この種のプロセス技術における高い要求に応えるためのオーダーメードシステムを開発しています。いくつかの用途例は、

  • BTHEタイプオープンホッパーポンプは、脱水されたスラッジを混合して熱加水分解システムに供給
  • BNタイプポンプは、高温スラッジをパルパーから加水分解反応器及び消化槽に移送
  • BTHEタイプオープンホッパーポンプは、病原菌死に関する米国の指令に準拠した“クラスAスラッジ”を移送

シーペックスポンプと制御システムは、多くのメリットがあります。

  • 高温熱加水分解スラッジに対する耐性エラストマー
  • 高乾燥固体含有量または長距離にわたる高粘度のスラッジを移送
  • 脱水されたスラッジを後処理のために正しい固形物含有量に効果的に混合
  • 完全閉鎖した系で脱水されたスラッジを移送

極限のプロセス条件でポンプを設計する必要がある場合は、シーペックスが最適です。

追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。