テクノロジー

シーペックステクノロジーの理解

 Since 1972年のシーペックス創業以来、私たちは十分に開発された革新的技術を市場に投入してきました。私たちの数々の一軸ネジポンプ特許技術は、私たちの能力と万物を流す能力を証明しています。

我々は、新たなブレークスルーを継続的に模索し、理論研究、製品開発、情報技術に焦点を当てて進んでいきます。 興味深いですか? 私たちの機械構造の背後にある基本原則を調べてください。

原則

シーペックスの一軸ネジポンプは、回転式容積式ポンプのグループに属します。

  • 特別な形状を持つ2つの移送要素
  • 中心から外れた回転動作

ローターとステーターの形状は、閉鎖された空洞を形成する。 ローターの回転運動は、移送媒体を吸引側から圧力側に移動させる。

  • 自及式、 高吸引リフト
  • 高吐出圧力
  • システム圧力から独立した出力流量
  • 可逆可能な回転方向
  • 連続流量、低脈動

 

 

一覧

ローターとステーター

シーペックスのローターとステーターは、最高の品質要件を満たし、高効率を保証します。摩耗が少なく、耐腐食性が良好で、運転コストを最小限に抑え、長寿命を保証します。最適化された表面、高精度な形状、カスタマイズ可能な材質、アプリケーション固有の寸法やコーティングの前提条件に従います。

  • 高表面グレード
  • 適合材料
  • 高表面硬度
  • 統合シール
  • 幅広い材料
  • 高圧安定性
  • 最適化されたローター表面による最適効率
  • 始動トルクと作動トルクの低減によるエネルギー効率
  • 表面粗さの低減による低排出量
  • 完全に一致したコンポーネントによる長寿命

形状

シーペックスの考え方: 私たちは、お客様のさまざまなニーズと要求に合わせたカスタマイズされたソリューションを開発しています。そのため、必要とされる移送能力、圧力、移送製品用に設計されたテーラーメイドのローター/ステーター形状も提供しています。

  • 最適なパフォーマンス
  • 運転コストの削減
  • 投資の早期回収
  • ポンプの長寿命
  • モジュラーシステム: すべての形状は交換可能

シーペックスの6L形状

シーペックスの6L形状は、ローター径が小さく、ピッチ長が長いため、表面速度が低くなりますが、シール線が大きくなるために表面寿命も長くなります。

  • 効率の向上
  • 低軸力
  • 摩耗の減少、寿命の延長
  • 流れやすい製品に特に適しています
  • 圧力:最大6 bar(90 PSI)

シーペックス従来型形状

より小さなピッチとコンパクトな設計で、シーペックスの従来型形状は、高いシステム圧力を達成します。

  • 非常に汎用性があり、実質的にあらゆる用途に適しています。
  • 高粘性製品用に特別に設計されています。
  • 圧力:最大48 bar(720 PSI)

シーペックストリカム形状

シーペックストリカム形状は、ヘリックス数が多いため、同じポンプ長でより高い移送能力を実現します。より長い6LTまたはより短い12T設計では、より高い流量でシーペックスの利点が達成されます。

  • 移送能力を50%向上
  • より高い圧力でも
  • 6Lまたは従来のトリカム形状から容易に変換できます

ピンジョイント

シーペックス一軸ネジポンプには、堅牢で取り付けが簡単なピンジョイントが装備されています。極密封されたユニバーサルジョイントスリーブは、極端な温度や研磨製品の取り扱いにおいてもスムーズな作業を保証します。

  • 耐摩耗性で硬化した、交換しやすいコンポーネントで作られています
  • 保持スリーブで留めます
  • 特殊グリースで完全に満たされています
  • 弾性ユニバーサルジョイントスリーブで密封シール
  • さまざまなユニバーサルジョイントスリーブ材料が提供され、トラブルのない操作のためのオプションが追加されています。
  • ユニバーサルジョイントスリーブは、機械的損傷に対する効果的な保護を提供します。
  • 迅速かつ簡単に解体することで、サービス時間と労力を削減
  • シーペックスは、オプションの「ユニバーサルジョイント保護」を使用して10,000時間の動作時間を保証します。

スマートシールハウジング(分割式メカニカルシール)

スマートシールハウジング (SSH)は、スマート移送テクノロジー (SCT)の最新開発品です。これは、接続配管や吸込ケーシングを外すことなしにメカニカルシールが取り外せ、すばやく簡単なメンテナンスを可能にします。

伝統的に、メカニカルシール交換時は、シールハウジングへアクセスする為に接続配管や吸込ケーシングを外すことが必要です。これは、非常に時間のかかるプロセスです。

  • 分割するシールハウジング
  • ランタンを通しての固定環の取り外しが可能
  • 既存ポンプへ改良版あるいは新規ポンプのオプションとして導入可能
  • シングルメカニカルシールに対応
  • 特許出願中
  • 吸込ケーシングや接続配管を外す必要なし
  • メカニカルシール交換のための停止時間削減
  • メカニカルシール固定環交換の取り付けが容易
  • 駆動部やステーター側への容易なアクセス
  • メンテナンスコストの削減

駆動部ジョイントアクセス

駆動部ジョイントアクセス(DJA)は、BTVEシリーズ(オーガー供給スクリュー付)及びBTHEシリーズ(リボンスクリュー付)のホッパーポンプの高度なメンテナンスコンセプトです。

特許取得済みのソリューションで、駆動部側のジョイントへ簡単にアクセスが可能となります。ローラーに取り付けられたポンプホッパーとランタンの間の取り外し可能なジョイントケーシングが、迅速なアクセスを可能にします。ポンプホッパー、オーガー供給スクリューまたはローター側ジョイントを取り外す必要なく、メカニカルシール、差込シャフト及び駆動部を数分以内に組立てたり取り外すことが可能です。排水プラグは、簡単に洗浄できます。

  • 特許取得済みのソリューション
  • ホッパーとランタンの間の取り外し可能なジョイントケーシング
  • 標準工具によるメンテナンス
  • フラッシュポートがあるので洗浄が簡単
  • 現場でのメンテナンス
    • パイプや機器の撤去、リフティング装置や輸送機器の設置が不要
  • メンテナンスコストの大幅削減
    • ローター/ステーター、オーガー、ホッパーの取り外し不要
  • 予防保全
    • 定期点検でジョイント & ガスケットを簡単かつ迅速に確認
  • 稼働時間の増加
    • 駆動部側部品の簡単な定期点検とメンテナンスで無故障運転を確保
  • 中間要素のフラッシング穴を通して簡易洗浄
追加情報が必要ですか?

お問い合わせください。