LVCL

レベルコントロール
シーペックスのレベルコントロールLVCLは、様々な移送システム設計に使用されています。充填レベルは、超音波、ロードセルまたは他の多くの技術を用いて測定することができます。流体レベルを制御することにより、ポンプ流量がお客様のプロセスに最適に調整されます。これにより、ポンプの摩耗を低減し、エネルギーを節約し、システム圧力を低下させ、より一貫した予測可能な動作を実現します。

用途

ポンプホッパーまたは供給タンクの充填レベル及び流量を一定に保つため

利点

  • 統合された保護及び制御機能
  • ディスプレイとコントロールユニットが一体化されたコンパクトPLC。ポンプ速度を制御し、ホッパーまたは供給タンク内の液面をセットするための内部PIDインタフェース。
  • プロセス評価はテキストメッセージとして送信
  • 最適化されたプロセス及びポンプ保護
  • プロセス全体のライフサイクル全体のコスト削減

技術データ

"

  • ネットワーク対応のディスプレイ及びコントロールパネル:CPUを内蔵した4行の液晶ディスプレイ
  • 300 kB SRAM, 1024 kB FlashPROM
  • 保護クラス:フロントIP65(NEMA 4)
  • 電源電圧:24V DC
  • 外形寸法:153 x 120 x 46.1 mm(W x H x D)
  • 多言語表示

"